薬を服用していると銀座カラーに通えない?

銀座カラーでは安全な脱毛をするために様々な項目をカウンセリングで確認しています。ですが、脱毛を受ける側の協力がないとその努力も意味のないものになってしまいます。
そのためカウンセリングで聞かれることには嘘偽りない答えをするようにしましょう。

ですが、それ以上に脱毛を受ける側が少しでも脱毛を受ける上での知識を持つことでさらに安全な脱毛をすることができます。

そういった中での確認事項に服薬しているかどうかというものもあります。服用している薬によってはお肌に影響を与えてしまっている薬剤も存在します。
つまり脱毛にも影響してしまうということがあり得るのです。そのため、場合によっては医師の同意書が必要になる場合もあるほどのものです。
カウンセリングで確認がなかった場合はご自分の方からこのような薬を飲んでいますという申告をしておくと安全な脱毛が出来ると思います。
ただし、薬を服用しているからといって脱毛が出来ないというようなことはほとんどありません。あくまでも保険だと思っていただいて大丈夫です。

トラブルにならないようしっかりと確認してトラブルのない脱毛を目指しましょう。
最近ではお薬手帳を持たれている方もいらっしゃると思いますので、それを持っていくのもよいのではないでしょうか。

この記事に関連するコラム

未成年や学生でも脱毛ができますか?

脱毛サロンの銀座カラーでは未成年の方や学生の方でも脱毛をすることができますが、一般社会人の方と同じ契約ができるのかというとそうではありません。 もう少し言うなら施術内容は同じですが、契約の段階で少し手...続きを読む

未成年の方や学生の方が脱毛をする時には

人気脱毛サロンの銀座カラーでは幅広い年齢の方が脱毛の施術に通っています。その中には未成年の方や学生の方も少なからずいらっしゃいます。 脱毛の施術は最近様々なメディアで取り上げられたり、広告も非常に多く...続きを読む

同意書のなりすましに注意しましょう

脱毛サロンの銀座カラーで未成年の方、学生の方が脱毛の契約をするためには親権者の同意書を必要としています。 親権者の同意がなぜ必要かというとそれは民法第5条により、未成年の方、学生の方がサービスを契約す...続きを読む