無料カウンセリングで抑えておきたいポイント

銀座カラーは赤ちゃん肌脱毛で脱毛後のお肌がプルプルになることで評判です。
これは保湿効果によるものですが、この保湿ケアが実は痛みに対してのケアにもなっています。

ですが、保湿による痛みのケアというのはある一部分のケアしか出来ません。

というのも脱毛を行う上で痛いと感じるものは大きく二つあるといわれています。
それはの脱毛時の熱によるやけどの痛み、もう一つは光を急激に照射したことによる衝撃からくる痛みです。

保湿はその熱により痛みのケアにしかならず、衝撃からくる痛みに関しては対処することは出来ません。
この痛みははお肌の表面と神経が近いところ、つまりお肌と骨の間に肉のつきにくい所に起きてしまう痛みです。

そのためこの傷みを和らげるには脱毛機から照射される光の出力を落とすしか方法がありません。
その中でも最大限の効果を上げるためにはカウンセリングでその状態をしっかり相談しておくことが大事です。

衝撃が原因となる痛みを感じやすいパーツの特徴はお肌の表面と神経が近いということ、お肌と骨の間に肉のつきにくい所です。
具体的にその条件に合致するパーツを上げるなら「両ひじ脱毛」や「両ひざ脱毛」が上げられます。

これらのパーツを脱毛するときは照射する光の強さを調整するかどうかカウンセリングで相談してみましょう。