同意書のなりすましに注意しましょう

脱毛サロンの銀座カラーで未成年の方、学生の方が脱毛の契約をするためには親権者の同意書を必要としています。
親権者の同意がなぜ必要かというとそれは民法第5条により、未成年の方、学生の方がサービスを契約するためには必須のものとなっています。
これは詐欺防止のものであり、強引な営業で契約させられてしまった際なども同意書を提示していなければクーリングオフ期間をすぎても解約することができるものです。
そのため、自分の身を守るためにも必ず作成しましょう。

この同意書は非常にシンプルな内容であるためにどなたでも偽装が出来てしまいますが、その行為は犯罪になります。
なりすましは私文書偽造の可能性があり、該当してしまう場合には刑事罰で「1年以下の懲役又は10万円以下の罰金」となる可能性があるのです。

それ以外にも脱毛の施術を受ける際にはトラブルがゼロとは言えません。特に銀座カラーでも行っている全身脱毛などは脱毛範囲も広く、脱毛をする際には局所的にお肌がデリケートな部分があるかもしれません。
そのようなトラブルがある可能性も捨てきれないというのもしっかりと親権者の方と話し合っておきましょう。

この記事に関連するコラム

予約が取りやすい理由は?

 銀座カラーでは大阪府にも数店舗お店を設立しているため、店舗移動の申し込みが可能です。また1回の施術時間が60分なので他店に比べて予約が取りやすく、会員サイトに登録するとよりスムーズに申し込みが可能で...続きを読む

池袋サンシャイン通り店の効果抜群の全身脱毛

 全身脱毛を銀座カラー池袋サンシャイン通り店で行いました。口コミでも満足度が高かったため銀座カラー池袋サンシャイン通り店に通いましたが、本当にそのとおりであり、こちら側が不安を感じたり、ストレスになる...続きを読む

池袋店の全身脱毛の効果は?

 結婚式に備えて銀座カラー池袋店を利用しました。ドレスを着用するため全身脱毛を受けたのですが、丁寧な対応と施術、アフターサービスにとても満足しています。脱毛後はむだ毛も無くなり美肌が得られたため、期待...続きを読む