脱毛直後に色素沈着が起こりやすいのはなぜ?

脱毛の大敵といえば日焼けですが、日焼けというのは色素沈着の一種なのです。実は脱毛の施術直後というのはこの脱毛に非常に都合の悪い色素沈着が起こりやすくなっている状態なのです。
この色素沈着という言葉は色々な状態を一つにしたようなことばで日焼けだけでなく、シミやそばかす、お肌の黒ずみなど様々なものが色素沈着であるといえます。
では、色素沈着がなぜ脱毛直後に起こりやすいのかという部分が大きな疑問になってきますよね?
そこでこの話題を元看護師の方に聞いてきました。

1.色素沈着はなぜ起こるのか
日焼けのように紫外線による刺激を例にして説明をしていきます。
まず、色素の素になっている黒色メラニンを作り出しているのはメラノサイトという細胞です。このメラノサイトが刺激を神経が感知することで刺激されて急激に黒色メラニンを作り出すのです。
なぜメラニンが排出されるのかというとそれは有害な紫外線をお肌が浴びると神経が危険信号を発するのです。なぜ危険なのかというと紫外線を浴びることで細胞の中にあるDNAが破壊されたり変異してしまう可能性があるためです。
その変異の一つに皮膚ガンも含まれています。紫外線というのはそれほど恐ろしい刺激なのです。
そのため神経が防衛本能で光を吸収する色である黒色の物質を分泌して紫外線が真皮に届かないように体を守っているのです。

2.なぜ脱毛後に色素沈着が起こりやすくなるのか
これには色々な可能性があります。まず、最もわかりやすい理由はお肌の状態の問題です。脱毛の施術というのは熱で毛根にダメージを与えていくものです。その際にお肌の表面にもダメージを与えてしまうのです。
その脱毛後のデリケートなお肌に紫外線を浴びてしまうと今まで以上に強い刺激を受けることになるのです。そのためメラニンの分泌量が一気に増えてしまう可能性があります。
また銀座カラーでも行われているIPL脱毛で使っている光であるIPL(インテンスパルスライト)はお肌の治療にも使われている光なのです。しかも、その治療はシミの治療なども含まれています。
そのため脱毛をすることでシミやくすみなどが改善してしまうことがあるのです。そうすると脱毛後はお肌がさらにデリケートになります。

つまり、改善しているのですが、しっかりとケアをしないと逆にしばらくすると悪化してしまう可能性があるということなのです。

3.色素沈着を防ぐには?
色紙沈着を防ぐにはまず紫外線対策です。紫外線対策は日常行っているものと同じ対策で大丈夫ですが、脱毛直後はデリケートになっているため日焼け止めクリームなどは避けた方がよいでしょう。
ただ、数日たてばお肌はある程度回復してきます。脱毛の直後から1か月程度はいつも行っている以上に入念な対策を行ってください。
脱毛から数日たってしまえば日焼け止めクリームも使用して問題ありません。

4.色素沈着が起こってしまったら?
まずはサロン側に相談するようにしましょう。ちょっとでも色素が出てきたなと思ったらなるべく早めに行動した方がよいでしょう。
銀座カラーも含め最近のサロンというのはクリニックと提携しており、そのような現象が起きてしまった場合には提携クリニックを紹介してくれます。
一般的にはその際にかかる費用はサロン側が持ってくれるのでお金が多くかかるというようなことはないですが、一応カウンセリングで確認しておくことをおすすめします。

また、色素沈着が起こってしまうとその部分に対しては脱毛機の光を当てることができません。日焼けやシミなどの症状が改善するまでその部分に関しては脱毛を再開することができませんので、十分な対策を行っておく必要があるのです。

ちなみにメラニン色素には黒色メラニン以外にも橙赤色の亜メラニンというものがありますが、亜メラニンというのは日本人はあまり作られません。
どちらかといえば白色人種の方の体質的に多く分泌されるものです。これもひどくなれば脱毛の邪魔になってしまいます。

この記事に関連するコラム

なぜトラブルが起こってしまうのか

脱毛サロンの銀座カラーで行っている脱毛はフラッシュ脱毛の中でも非常に安全性が高く効果が強いといわれるIPL脱毛という方法で脱毛を行っています。 この脱毛方法は安全性が高くクリニックでも使用しているとこ...続きを読む

IPL脱毛について元エステティシャンに話を聞きました

銀座カラーの脱毛はフラッシュ脱毛の中でも強力な効果が出ることで人気のIPL脱毛という方法で脱毛をしています。 そのIPL脱毛とはどのような特徴があるのか、以前エステサロンで働いていたという元エステティ...続きを読む