通っている期間中に妊娠が見つかったら?

脱毛サロンの銀座カラーでは脱毛が完了するまでにどうしても1年半から2年程度の時間がかかってしまうのです。実はこれはどのサロンでも同じことが言えます。
それは毛周期というのは毛の生え代わりの周期に合わせて脱毛の施術をしていくためです。フラッシュ脱毛というのは生えている毛にしか効果がないためどうしても毛周期に合わせて行く必要があるのです。
最近料金が安くなったり脱毛サロンの数自体も増えたりして脱毛が非常に身近になってきているためとても軽く考えてしまいがちではありますが、実は長期間にわたって施術を受けなければならないものなのです。
1年半から2年というととても長い期間ですよね?その期間の中には人生において大きな転機を迎える方もいらっしゃると思います。その転機が脱毛に影響することもあります。
そのようなことの一つに妊娠・出産があります。妊娠することは非常におめでたいことですし、新たな命の誕生はみなさんが望まれていることだと思います。
ですが、脱毛の契約中に心身がわかった場合にはどうしたらよいのでしょうか?そんな疑問を解決していきたいと思います。

1.妊娠がわかっても脱毛は続けられますか?
実は妊娠がわかったら脱毛の施術は一旦中止しなければなりません。妊娠中に関しては脱毛の施術は行うことが出来ないのです。
ですが、その中止はあくまでも「休止」であるため出産してしばらく経てば改めて残りの回数分の脱毛が出来ます。解約するということはありませんのでご安心ください。
また、脱毛の契約には期限というものがあります。この期限も休止期間中分だけは延長されますので、安心して出産に立ち向かうことができますよ。
起源の問題もある為、妊娠が分かったらすぐに銀座カラーにその旨を伝えるようにしてください。妊娠がわかってから休止手続をする日までは契約の日数がどんどん消費されている状態です。
復帰後の脱毛の期間に大きな影響が出ないように早めに連絡しましょう。

2.赤ちゃんに影響はありますか?
赤ちゃんへの影響は一切ありませんので、ご安心ください。
妊娠初期というのは自覚症状がないため検査して妊娠がわかるまでどうしても時間がかかりますよね?その間に脱毛の施術を受けてしまったという人も数多くいらっしゃいます。
ですが、脱毛の施術が赤ちゃんに悪影響を与えてしまうという話は一切ありません。
その理由もしっかりと説明ができます。まず、フラッシュ脱毛は光を使った脱毛ですが、その光というのは体に対して無害なものを使用しています。有害な光というと紫外線やX線を思い出される方が多いと思いますが、そのような光は含まれていませんので、ご安心ください。
また、脱毛機の光が浸透するのはお肌の表面から3ミリ程度です。つまり毛根の深さ程度までしか浸透しません。初期の妊娠でその深さに赤ちゃんがいることはありませんので、赤ちゃんまで光が到達することがないので影響がないのです。

3.なぜ脱毛が出来なくなってしまうのか
赤ちゃんへの影響がないにもかかわらず脱毛の施術を中止しなければならないのはなぜでしょうか?とても疑問に思われると思います。
実はその理由は全く別のところにあります。妊娠中に脱毛の施術を行ったとしても脱毛の効果が上がらない可能性が高いのです。その理由はホルモンバランスにあります。
人間の体毛というのは性ホルモンのホルモンバランスに大きな影響を受けるとはみなさんがご存知のところと思います。ホルモンバランスが不安定なときに施術を行ってしまうと脱毛の効果が出ないどころか多毛化や硬毛化などのトラブルも起きやすくなってしまうのです。
そのため脱毛の施術は中止する必要があるのです。

3.出産したらどの程度で復帰できますか?
銀座カラーでは出産後生理が2回以上順調にきてからとされています。ここで気を付けなければならないのは「順調に」というところです。まだ不順状態が続いているときは再開ができませんのでご注意ください。

この記事に関連するコラム

施術が出来ないケースにはどのようなものがあるの?

銀座カラーの脱毛はIPL脱毛という方法でメラニン以外の黒い色素に光を吸収させない安全性の高い施術を行うことのできるサロンです。 その安全性の高いIPL脱毛でも脱毛が出来ないケースというのが存在してしま...続きを読む

銀座カラーでは妊娠中は通えません

妊娠をすると脱毛の施術を休止する必要が出てくるのはご存知でしょうか? 保湿が人気の銀座カラーでも同じことが言えます。妊娠がわかった場合には速やかに店舗へ連絡の上休止の手続きをとるようにしましょう。 ...続きを読む