デメリットがあるのをご存知ですか?

脱毛サロンの銀座カラーではIPL脱毛という方法で脱藻を行っています。この方法はフラッシュ脱毛の一種ではありますが、非常に強力な効果が自慢の方法です。
そのため脱毛完了した時に思った通りにならないことや想定外のことが起きてしまうと脱毛後に大きな後悔をしてしまうだけでなく、長期間にわたって体毛が生えない状態になってしまうため後悔して取り返しがつかないのです。
例えばよくある後悔してしまったという話であるのが、Vラインです。Vライン脱毛を行う時に日本の女性は全ての毛を脱毛してツルツルにしてしまうことを好まない方が多いのです。
つまり、Vラインの脱毛はデザインする脱毛で、量や形を思っていた通りに調整することが多いのです。
ところが、いざ脱毛してみたら思ったよりも毛が薄くなってしまったなどということもあります。そうなってしまうともう修正はできません。次に生えてくるまで我慢をしなければなりません。
ですが、IPL脱毛は永久脱毛ではないとはいえ、非常に長期間その効果が続きます。そのため数年間はそのままで我慢することになってしまうのです。

ですが、もっと深刻な話もあります。健康上の理由で後悔してしまうこともあるのです。
どのような理由で後悔してしまうことがあるのか。また、そもそも体毛がなぜ存在しているのかなどをまとめて行きたいと思います。

1.体毛はなぜ存在するのか
最近は体毛を「ムダ毛」ということばで片付けてしまう方が非常に多いのですが、本当にその毛はムダなのかというとしっかりと役割を持ったものなのです。
その役割をまずは理解しておくことも大事です。

■刺激の軽減
体毛が生えていることで刺激からお肌を守ることができます。刺激というのも色々ですが、これは物理的な刺激もそうですし、光などの刺激からも守ってくれています。
まず物理的な刺激としてわかりやすいのは摩擦の刺激です。現代人は服を着用しています。その服とお肌は非常に擦れやすく、その部分には摩擦が発生してお肌を傷めてしまいます。
そこで体毛が間にあることで直接お肌と衣服が触れる面積を減らすことができ、ダメージを軽減してくれるのです。
また、光に関しては色の問題もあります。日本時の大半の方は黒色の強い毛色です。黒という色は光を吸収しやすい性質があります。その性質でお肌に当たる前に光を吸収してくれるため刺激が減るのです。

■体温調節
人間は外気の温度に合わせて体温を変えることができません。そのため、外気の気温が変わっても生きて行けるように体温を一定に保つための機能を持っています。
体毛もその機能の一部であるといえます。
寒い時には体毛がお肌の表面にあることでお肌から暖かい空気が逃げづらく、冷たい外気にも直接当たりづらい状態になります。
そのため体を温かく保てます。また、逆に暑い日は体毛は邪魔なのではないかという方もいらっしゃいますが、そうではありません。毛を伝って汗がでるため体温を下げるのにも役に立っています。
また、直射日光からさけてくれる効果もあり、色々な点で体温調節に役立っています。

2.脱毛のデメリットは?
脱毛をするとデメリットもあります。あらかじめ知っておくことで脱毛前のカウンセリングでお話を聞きやすくなるかと思います。

■乾燥肌になってしまうかもしれません
脱毛後のお肌に毛がなくなると乾燥しやすくなるという話があります。それは確かにあり得ることで、お肌の潤うは水分と油分によって成り立っていますが、その油分や水分は毛を伝って出てくるものなのです。
そのため脱毛をすることで油分や水分がお肌の表面に出づらくなります。
結果として乾燥肌になってしまうことがあるのです。

■色素沈着に注意
色素沈着とはメラニン色素がお肌に沈着してしまう現象です。メラニン色素というのはお肌が刺激を受けた時にお肌を守るために分泌されるものです。
そのため体毛がなくなってしまっている状況ですと、刺激を強く受けてしまうことでメラニン色素が過剰に分泌されてしまうのです。

この記事に関連するコラム

Vライン脱毛はフラッシュ脱毛がおすすめ

脱毛サロンの銀座カラーではIPL脱毛という光を用いた脱毛方法を採用していますが、このIPL脱毛は一般的にはフラッシュ脱毛といわれる脱毛方法の一種です。 その他にも脱毛方法といえばレーザー脱毛があるかと...続きを読む

Vライン脱毛には注意

銀座カラーではフラッシュ脱毛を行っています。この方法は残念ながら永久脱毛ではありませんが、数年間はきれいな状態で生活することがでいます。 ですが、その長期間の脱毛状態が逆にあだになってしまうことがある...続きを読む