夏の脱毛は店舗選びから

脱毛サロンの銀座カラーではIPL脱毛という方法で脱毛をしています。この脱毛方法はフラッシュ脱毛の一部ですが、他の脱毛方法に比べて確実に毛だけに熱を集めやすい方法といえます。
というのも他のフラッシュ脱毛のほとんどはお肌に光を照射したときに作用してしまう部分は色が濃い部分すべてになってしまうのです。そうするといくつかのデメリットが存在してしまうのです。
まず、一つ目のデメリットです。それは光が分散してしまうために照射レベルに合った効果が期待できないことです。もう一つは毛以外の部分にも吸収されてしまうためどうしてもお肌の表面でトラブルが起きやすいということです。
ところが、IPL脱毛はメラニン色紙にしか反応しない光を使用しているのです。そのため余計な部分に熱を発生させる危険性がないのです。
ですが、この方法も完ぺきではありません。実はその弱点が夏には詰まってしまっているのです。そのため他のサロンと同じく夏の脱毛が苦手なのです。
なぜ夏が苦手なのかまとめてみたいと思います。

1.日焼けが苦手です
先ほども書きましたが、IPL脱毛はメラニン色素だけに反応する光を使用しているとかきました。
だったら安全なのではないか?と思ったら大間違いです。これはもう少し細かく言えば、メラニン色素に対して強い効果が出てしまうということです。
ここで問題なのはメラニン色素というのは毛だけにあるわけではないということです。お肌の表面にも微量に存在しています。しかも、お肌のメラニン色素というのは極端に増えてしまうことがあります。
最も起きやすい問題としては「日焼け」がまさにそれです。日焼けをすると小麦色の肌になります。夏はどうしても小麦路の肌に憧れてしまう女性も多いのではないでしょうか?
ですが、脱毛中の方は日焼けを絶対にやめてください。というのも日焼けの色のもとというのはメラニン色素なのです。つまり、日焼けをしてしまうとお肌の上でも高熱が発生してしまう可能性が出てしまうということです。
ちなみにIPLという方式はお肌の治療にも使われている方式で、どのような治療に使われているかというとシミやそばかす治療です。
実はシミやそばかすもメラニン色素の塊なのです。脱毛前にはすっかりケアしておく必要があります。

2.汗をかくと腫れなどを引き起こしてしまいます。
IPL脱毛というのは高熱を必要と知る脱毛方法です。そのため実は脱毛時にどうしても毛穴周りに軽いやけどが出来てしまうのです。
というよりもむしろやけどが出来ない程度の熱しか発せさせられていないとすると脱毛効果もひょっとしたらちゃんと出ないかもしれません。
高熱というのはそれほどものなのです。
そんなやけどの出来ているお肌の表面に最近を運んでしまうのが汗なのです。汗は分泌された際には細菌にまみれているわけではなく、むしろキレイなものです。
ですが、汗には油分があります。この油分が大きな問題なのです。油分というのは細菌を吸着してしまう性質があるのです。
そのためお肌を流れていく間に毛穴の中やお肌の表面の細菌を吸着しながらお肌を流れていくのです。
その細菌まみれになってしまった汗がデリケートなお肌の上を流れてしまうと非常に危険ですよね?

3.夏の脱毛を乗り切るには?
夏の脱毛を安全に乗り切るのに最も大事なことは実は店舗選びです。お店を選ぶときに何を基準にしていますか?
ひょっとしてご自分のご自宅から最も近いところをチョイスして他の店舗と比較していなかったりしませんか?
まず本来見るべきなのは駅からの距離だと思います。ただし、それはあくまでも通える範囲の駅でということですが。

なぜなら駅からお店までの距離が短ければ日焼けや汗をかく心配が少なくなるからです。
ですが、ここで終わってしまってはいけません。駅からの距離という点をもう少し掘り下げましょう。

広い駅の場合電車を降りてから出口まで非常に遠いこともありますよね?この部分も当然考慮しなければなりません。
また、お店までの道路状況もしっかりと押さえておく必要があります。しっかりクーラーが効くような地下道を5分歩くのと屋根も日陰もない道を3分歩くのではどちらが安全でしょうか?
これはおそらく日差しがなく、気温も低い地下道でしょう。このように道路状況まで見てお店を決められたら完ぺきだと思います。

この記事に関連するコラム

銀座カラーの月額制全身脱毛分析

銀座カラーでは通常の脱毛コースもありますが、月額制全身脱毛も販売しています。 月額制全身脱毛は最近多くのサロンやクリニックが取り入れる人気のシステムですが、同じ月額制全身脱毛でも様々な特徴があります。...続きを読む