予約が取りづらい?工夫して改善しましょう

脱毛サロンの銀座カラーは老舗脱毛サロンである信用もあり、年齢問わず非常に人気の脱毛サロンになっています。ですが、その人気が悪い方に出てしまうこともあります。
それは脱毛の予約が取れないという話です。予約が取れないという口コミはインターネット上でも結構見つかる状態です。
ですが、それもプラスに考えればそれだけ安心感のある脱毛をしているからこその人気で、安心して脱毛が出来るサロンだといえるでしょう。
ただ、そうは言っても脱毛の予約が取れないのは非常に大きな問題ですよね?そこでどうしたら予約が取りやすくなるのかをまとめてみたいと思います。

1.どれくらい先まで脱毛の予約がとれるの?
脱毛の予約は先になればなるほど取りやすいという理論はお分かりいただけるかと思います。ですが、その予約がどれくらい先まで取れるかとの言うのはわかりませんよね?
ですので、この部分に関してはしっかりと確認しておかなければなりません。一般的な脱毛サロンでは3カ月先までの予約を取れるような仕組みになっているサロンが多いのです。
ここで、3カ月という期間は脱毛にはとてもなじみ深い期間なのです。3カ月という期間は毛周期にぴったり当てはまる期間です。毛周期という言葉はご存知でしょうか?
毛周期というのは人間の体毛の生え変わり周期のことです。脱毛の施術というのはお肌の表面まで伸びている毛にしか効果がないのです。そのため、毛周期に合わせて脱毛の施術を行うことで効率的に脱毛をすることができるのです。
その毛周期が平均的に3カ月程度なのです。つまり脱毛の予約は次の回の予約しか取れないということなのです。だからこそ、しっかりといつまで予約が取れるのかということが非常に大事なのです。
いつまで予約が取れるのかというところはサロンによって違ってきます。契約前のカウンセリングの際にしっかりと確認しておくべき項目であると思います。

2.会員システムで24時間予約できる
脱毛の予約に電話を使われる方も多いかと思いますが、電話での予約は営業時間の問題やコールセンターの受付時間の問題、店舗スタッフの状態によっては電話が通じないことがあります。
そうするとしばらく時間をおいてかけなおす必要があります。そうするとつい忘れてしまったり、なかなか時間が取れなかったりして予約を取るまでに想定以上の時間がかかってしまうこともあります。
ですが、銀座カラーは会員システムを持っています。この会員システムを利用すれば24時間いつでも脱毛の予約をすることができるのです。しかも、PCでだけでなく、スマホなどからも利用できます。
そのため、ちょっとした時間に確実に予約が出来るのです。

3.電話の予約時にも注意が必要
WEBからでなく電話から予約をしたいという方もまだまだ多いかと思います。電話での予約はやはり安心感が強いので、まだまだこちらの方法を取られる方が多いのではないかと思います。
先ほども触れたとおり、電話での予約というのはどうしても電話に出てもらえないという状況がどうしても出てしまうのが、電話予約のデメリットです。
ですが、電話予約も工夫をすれば今までよりも確実に電話を取ってもらえるようになるのです。
電話予約での工夫すべき点は電話をかける時間です。時間を工夫するだけで電話が通じやすくなるという口コミも見つかると思います。
電話が最も通じやすいのは実は営業時間が終わる寸前です。この時間というのはスタッフの方が予定通り施術が進んでいれば手が空いている方が増えてくる時間帯です。
そのため、電話がつながりやすいのです。
逆にみなさんがよくかける朝の時間帯ですが、この時間帯というのはスタッフは開店と同時に入店されたお客様の対応に追われていたり、他の方も考えているように大量に電話がかかってきたりしてしまうため、なかなか電話が通じないという事態になってしまうのです。

この記事に関連するコラム

エステと医療機関、どっちの脱毛が向いている?

 私は、銀座カラーで脱毛しました。永久脱毛の効果はありませんが、美容の観点からきれいになれたので、良かったです。  医療機関が行う脱毛は、期間が短く、確実につるつるにできますがその分、値段が高く痛みも...続きを読む

口コミで評判の梅田新道店で脱毛を受けて来ました

 銀座カラー梅田新道店の営業時間は午前12時から21時までとなっており、平日でも比較的予約が取りやすいです。  平日の夕方より前ならさらに予約が取りやすく、女性利用者向けの色んなサービスを導入していま...続きを読む

上野広小路店で脱毛を受けています

 御徒町駅近くで営業している銀座カラー上野広小路店の口コミでは、店内の間取りが狭いことやコース勧誘がないことが評判となっています。  また最寄駅から徒歩2分の場所にあるエステサロンとなり、スマートフォ...続きを読む