ムダ毛のお手入れの副作用?

脱毛サロンの銀座カラーではフラッシュ脱毛の中でも強力なIPL脱毛という方法で脱毛をしています。この方法は出力こそ違いますが一部のクリニックで医療レーザー脱毛として使われている安全性も高い方法なのです。
このIPL脱毛で脱毛をすると脱毛以外にも色々な効果があるという噂があるのですが、その噂が本当なのか気になるところではないでしょうか?
そこでいくつかの噂をピックアップしてその真相を解説したいと思います。

1.脱毛をするとワキガやニオイが軽減する?
脱毛とニオイの関係というのはインターネット上でも色々な噂がたくさん取り上げられています。この噂は本当かというと半分本当で半分は嘘というところでしょうか?
まず、ニオイに関して少し分類してみたいと思います。まず一つはワキガです。もう一つは細菌が発生させるニオイです。この二つのニオイは発生の過程は似ていいますが、原因が違うのです。
この二つのニオイについて脱毛との関係を解説していきたいと思います。

■ワキガは軽減するのか
脱毛をするとワキガが軽減するかどうかというと、これは軽減しません。まず、ワキガがなぜ起きてしまうのかという点について説明します。ワキガというのはいくつか種類のある汗腺の内の一つアポクリン腺から出る成分を細菌が分解してその結果残る物質があのニオイを発してしまうのです。
このワキガを根本から直すにはどうしたらよいかというと、それはアポクリン腺を除去するしかないのです。実際にワキガ治療はアポクリン腺をレーザーで焼切ったり、アポクリン腺ごと物理的に手術で除去したりするのです。
というのも実はワキガというのは強さこそ違いますが、人間には必ずあるものなのです。ですが、アポクリン腺が多いとワキガが強くなるのです。
つまりあくまでも原因がアポクリン腺にあるため、脱毛では改善することはないのです。たしかにアポクリン腺は毛穴の中に存在しており、脱毛の際にダメージも受けそうにも見えますが、そこまでの強いダメージは与えられないというのが現実なのです。
そのため、脱毛をしてもワキガが改善することはないのです。

■細菌によるニオイ
ワキガ以外のもう一つの気になるニオイです。アンモニア臭に近い嫌なニオイが出てしまい気になっている方も多いのではないでしょうか?実はこのニオイは脱毛をすることで改善することがあるのです。
この細菌によるニオイというのはワキガ同様細菌が汗や皮脂などを分解するときに出てしまうニオイです。ですが、このにおいというのは汗が毛に留まらなくなることで改善する可能性があるのです。つまりウィルスが分解する前に流れてしまったりして一か所にとどまらなければニオイが発生しづらくなるのです。
そのため、このニオイは脱毛をすることで改善することがあります。

2.脱毛をすると肌がキレイになる?
これは本当です。お肌のきれいさの原因は何かというとお肌の表面の角質がどれだけきれいに並んでいるかということです。いわゆる「キメ」が整っているかという点にあります。キメ細かい肌というのは脱毛では作れませんが、キメが整ったお肌は作れるのです。
逆に考えてみましょう。キメが整わない理由というのはどういったところにあるのでしょうか?その理由は様々ですが、その中の一つに毛穴の大きさや、毛穴の凹凸があるのです。脱毛をすると毛穴が極限まで小さくなり、さらに凹凸もなくなります。そのため、キメの整ったお肌になることができるのです。
更に、凹凸がなくなるとそのちょっとした凹凸によって影が出てしまっていました。その影もなくなるので、お肌のくすみも少なくなります。
これらの理由から脱毛をするとお肌がキレイになるのです。

3.シミやそばかすが改善する?
シミやそばかすというのはお肌に過剰に黒色メラニンが分泌されてしまうころで出来てしまうものです。脱毛とこのことは直接関係がありません。
ですが、そもそもフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛というのはシミやそばかすを治療する施術だったのです。その過程で脱毛効果があることが分かったのです。つまり、施術を行えばこのそもそものシミやそばかす治療の効果が表れる可能性はあります。
そのため、改善することがあるかもしれません。ですが、あくまでも脱毛の施術ですので、確実にその効果が出るとは言えませんので、ご注意ください。