未成年や学生でも脱毛ができますか?

脱毛サロンの銀座カラーでは未成年の方や学生の方でも脱毛をすることができますが、一般社会人の方と同じ契約ができるのかというとそうではありません。
もう少し言うなら施術内容は同じですが、契約の段階で少し手間がかかるといった方が正しいかもしれません。
最近は銀座カラーも含めて脱毛料金が安くなってきました。そのため、学生の方や未成年の方でもお小遣いやバイト代で脱毛が出来る用になってきました。そのため、若い方でも脱毛をされる方が増えてきています。
これから脱毛をしたいと思っている未成年の方や学生の方が脱毛の契約をするのにどのような手続が必要なのかをご説明したいと思います。

1.未成年や学生の方が脱毛の契約をするには?
脱毛の契約というのは学生の方や未成年の方が一人でできないことになっています。これは法律上の問題ですので、サロンごとに違うということはありません。逆にもし、未成年や学生であっても一人で契約できてしまう所があるのであればそちらが問題になると思います。
これはなぜかというとあくまでも法律上の取決めですが、未成年の方、学生の方というのは社会的経験が少なく、未熟であると定義されてしまうのです。
そのため、特定の契約を結ぶ際には親権者の方の許諾が必要となってきてしまいます。その特定の契約に脱毛の契約は含まれてしまっているのです。
では、どうしたら脱毛の契約が結べるのかというとそれは親権者の方が脱毛の施術に同意していることを証明することが出来ればよいのです。
そこで必要になるのが、親権者の方の同意書です。同意書を契約書と一緒に提出することで脱毛の契約をすることができるのです。

2.同意書はどう作成したらよいの?
同意書はサロンで無料カウンセリングを受ける際にもらうことができます。WEBページからダウンロード出来るようにされているサロンやクリニックもありますが、銀座カラーではダウンロードはできないようです。
この同意書というのは非常にシンプルなもので、名前、住所、連絡先電話番号、捺印などだけで作成することが出来てしまいます。だからと言ってこの書類を誰が作成してもいいというわけではないのです。これは正式な文書です。
法律にのっとった契約書に添付されるものです。そのため、親権者以外の方が親権者の名前をかたって作成した場合には法律に抵触することがあります。場合によっては訴訟を起こされても文句は言えないものです。
絶対に親権者の方に作成してもらうようにしましょう。
また、ローンを使用される場合には親権者の方の名義になりますので、こちらもご注意ください。

3.未成年の方や学生の方が脱毛の施術を受けるメリット
2015年10月現在銀座カラーでは学割の制度が実施されています。学生の方が脱毛をする時に安い料金で脱毛が出来ます。
この脱毛学割は契約時に学生であれば受けられるので、今年卒業予定で、来年の春から社会人という方も今契約すれば安い料金で脱毛の契約が出来てしまうのです。
是非学生のうちに脱毛をしてしまいましょう。
また、未成年限定プランというものも2015年10月現在存在していますので、ご利用になってみてはいかがでしょうか?

4.未成年の方や学生の方が脱毛の施術を受けるデメリット
脱毛の施術を若いうちに受けるというのはデメリットがないのかというと、実はあるのです。
銀座カラーで行っているフラッシュ脱毛という方法はお肌の表面まで伸びている毛にしか脱毛の効果がありません。そのため、まだお肌の表面まで生長していない毛というのは脱毛することができません。
この表面まで伸びていない毛というものには2種類のものがあります。一つは既に生えているけれども毛周期の周期上休止期にあったり、まだ伸び途中で毛穴の中で毛が伸びていたりする状態のものです。
もう一つが問題で、成長によって伸びてくる毛です。体毛というのは身体の生長でも生えてきてしまいます。未成年の方や学生の方はまだ成長期にあることがあります。そういった方は脱毛完了後にも毛が生えてしまうことがあります。

この記事に関連するコラム

未成年でも都度払いがあるので、安心して通える

 銀座カラーには未成年者の方向けの都度払いという制度があります。この制度を利用すれば、まとまった金額が用意できず、またローンも組めない若い人でも脱毛をすることができます。施術箇所も選ぶことができ、安い...続きを読む

未成年の方や学生の方が脱毛をする時には

人気脱毛サロンの銀座カラーでは幅広い年齢の方が脱毛の施術に通っています。その中には未成年の方や学生の方も少なからずいらっしゃいます。 脱毛の施術は最近様々なメディアで取り上げられたり、広告も非常に多く...続きを読む