なぜトラブルが起こってしまうのか

脱毛サロンの銀座カラーで行っている脱毛はフラッシュ脱毛の中でも非常に安全性が高く効果が強いといわれるIPL脱毛という方法で脱毛を行っています。
この脱毛方法は安全性が高くクリニックでも使用しているところがあるほどなのです。
ですが、いくら安全だと聞いていてもテレビや雑誌、ネットなどで脱毛のトラブルのニュースを見ることもあると思います。
どのようなトラブルがあるのか、なぜトラブルが起きてしまうのかなどを簡単にまとめていきたいと思います。

1.どのようなトラブルがあるのでしょうか?
最も多いトラブルはやはりやけどでしょう。それ以外にはお肌の赤みや腫れなども挙げられます。

2.なぜやけどのトラブルが起きてしまうのか
フラッシュ脱毛は非常に安全であるとどのサロンでもお話があると思います。なぜそう言い切れるのかという部分から説明していきたいと思います。
フラッシュ脱毛と似た脱毛で医療レーザー脱毛がありますが、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛というのは実は同じ原理で脱毛をしているのです。その最大に違いは光の出力です。
これらの光を使った脱毛方法というのは脱毛機が照射する光を毛などの黒い色が吸収してその部分に熱が発せして毛根などにダメージを与えていくものです。つまり熱処理の脱毛方法なのです。
では、同じ原理の脱毛方法である医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は何が違うかというとその大きな違いは光の出力です。光の出力が大きいのが医療レーザー脱毛で、少ないのがフラッシュ脱毛なのです。
そのあめ効果にも大きな差があります。医療レーザー脱毛は永久脱毛の効果が期待できますが、フラッシュ脱毛では永久脱毛はできません。
その反面医療レーザー脱毛よりも出力の低いフラッシュ脱毛というのはお肌にやさしく安全であるというところが最も大きなメリットなのです。そのため医療機関でなくとも脱毛の施術ができるのです。
これがフラッシュ脱毛が安全であるという理由なのです。

ですが、それでもやけどのニュースを目診したり耳にしたりすることはありますが、その理由はお肌と光の相性にもあるのです。
医療レーザー脱毛というのは永久脱毛を行うために永久脱毛の効果があると確認されている光を使用します。そのため脱毛機の種類も使用している光の種類も少ないのです。
それに対してフラッシュ脱毛は効果を上げるために様々な種類の光を使用しています。そのためお肌に合わない光というのも個人差で存在してしまうのです。
お肌に合わない光というのは2つの側面を持っています。まず、脱毛効果が出ないもの。もう一つは効果が強く出過ぎてしまう場合です。このパターンの場合にやけどになってしまうことがあります。

また、これはごくまれにしかないケースかもしれませんが、実際に2014年にあった事件です。
あるサロンで大量のやけどのトラブルが出ているため調査が入りました。そのサロンで使っていたのは「医療レーザー脱毛機」でした。これは当然違法ですし、そのサロンは医療機関でもありません。
不正に医療機関でないサロンが医療レーザー脱毛機を入手して施術を行ってしまっていたのです。そのため、しっかりとした研修などもなく取扱いを独自に研究しただけで強力な光を使用して施術をしてしまっていたのです。

このようなことは大手のサロンでは絶対にありえませんので安心して良いでしょう。小さなサロンで脱毛を考えている方はそのサロンで使用している脱毛機をチェックしてみると良いかもしれません。

3.赤みや腫れはなぜ起きる?
こちらのトラブルは実は脱毛を受けた人に問題がある場合も多いのです。
脱毛後のお肌はかるいやけどを負ったような状態です。その状態でカウンセリングなどで指導がある注意事項を守らず生活してしまうとどうしても赤みや腫れを引き起こしてしまうことがあるのです。
なぜならお肌がデリケートな状態で無理をすると細菌が感染してしまうためです。

特に夏の時期の日差しなどは脱毛にとっては大敵です。日焼けや汗など脱毛に悪影響を与えてしまうものです。
脱毛後も油断せずしっかりとお肌をケアしましょう。

この記事に関連するコラム

脱毛直後に色素沈着が起こりやすいのはなぜ?

脱毛の大敵といえば日焼けですが、日焼けというのは色素沈着の一種なのです。実は脱毛の施術直後というのはこの脱毛に非常に都合の悪い色素沈着が起こりやすくなっている状態なのです。 この色素沈着という言葉は色...続きを読む

IPL脱毛について元エステティシャンに話を聞きました

銀座カラーの脱毛はフラッシュ脱毛の中でも強力な効果が出ることで人気のIPL脱毛という方法で脱毛をしています。 そのIPL脱毛とはどのような特徴があるのか、以前エステサロンで働いていたという元エステティ...続きを読む